ウイスキーでいう辛口ってどういう味!? 厳選したおすすめ辛口ウイスキー

本日もお越し頂きありがとうございます。

ウイスキーを愛する料理人Yaffeeです。

ウイスキーの魅力を配信したい料理人ウイスキーブロガーです。

ウイスキーが好きすぎるあまり「ウイスキー文化研究所認定ウイスキープロフェッショナル」を取得
2021年に開催されたTWSC(東京ウイスキー&スピリッツコンペティション)の審査員を務めさせて頂きました。

当ブログで料理人目線のウイスキーの魅力をお伝えしていこうと思います!

ウイスキーの魅力を配信したい料理人ウイスキーブロガーです。

ウイスキーが好きすぎるあまり「ウイスキー文化研究所認定ウイスキープロフェッショナル」を取得
2021年に開催されたTWSC(東京ウイスキー&スピリッツコンペティション)の審査員を務めさせて頂きました。

当ブログで料理人目線のウイスキーの魅力をお伝えしていこうと思います!

 

本日のテーマは「おすすめの辛口ウイスキー」について!!

 

ウイスキーは、アルコールの強い蒸留酒というイメージから「刺激が強い」という印象を持ちやすいと思います。

『刺激が強い』=「辛口

こういった認識も多いのではないでしょうか。

 

ただ、『辛口ウイスキー』と探してみると結構難しい。

 

なぜなら……

日本酒やワイン・ビールの「辛口」のように、ウイスキーにはっきりとした「辛口」というものがないからです!!

 

日本酒やワイン、ビールなら糖分の少ないもの・甘みの少ないものが「辛口」といわれています。

 

しかし、ウイスキーには元々糖分が少ないです。

日本酒やワイン、ビールほど銘柄ごとの糖分の差はありません。

 

ウイスキーの場合、「辛口」の考え方が人それぞれでいいのではないかと思います。

 

 

 

ウイスキー好きの皆様は、どういったウイスキーに「辛口」という印象を持ちますか??

「辛口」について詳しく表現していくと、様々な答えが出てくると思います。

 

  • 甘味のない「辛口」
  • 潮感やスパイシーなフレーバーから感じる刺激的な「辛口」
  • 口当たりがよく、複雑感がある濃醇な「辛口」

などなど

 

また、ウイスキーは飲み方でも大きく味わいが変わります。

「辛口」と思ったウイスキーでも。ハイボールでは甘みが出てきたり…… ということは多々あります。

 

そこで今回、僕が考えるウイスキーの「辛口」についてタイプ別にまとめながら、
それぞれの「辛口ウイスキー」のおすすめをご紹介していきます!!

反対に甘口ウイスキーについて

 本日もお越し頂きありがとうございます。どちらかというと甘口のウイスキーの方が好きなウイスキーを愛する料理人yaffeeです!ウイスキーの魅力を配信したい料理人ウイスキーブロガーです。[…]

辛口のウイスキーとは?

 

辛口のウイスキーって意外と難しい。

何がどう辛口なのかはっきりとしていないからです。

 

反対に「甘口」は甘い味わいだったり、香りだったりを感じるなどなど。

「甘口」は、わかりやすいですよね。

 

そして、「甘口のウイスキー」は意外とたくさんあります。

それは、樽由来だったり原料由来だったり……

 

詳しくは……

 本日もお越し頂きありがとうございます。どちらかというと甘口のウイスキーの方が好きなウイスキーを愛する料理人yaffeeです!ウイスキーの魅力を配信したい料理人ウイスキーブロガーです。[…]

 

ただ、そもそも「辛口」という表現が分かりにくいかなと思います。

基本的には、お酒で「辛口」というと「糖分が少ない」ことを指します。

 

つまり、『甘みの少ない:ドライ』=『辛口』ということ!!

 

ところが、「甘みの全くない」「甘みが極端に少ない」ウイスキーってなかなかないです。

「辛口」のウイスキーと思っても、「甘み」が共存していることは多いです。

 

ということで、『辛口』の考え方を少し広げて3タイプに分けて紹介していこうと思います!!

その3タイプとは……

  1. ドライ 端麗辛口なウイスキー
  2. 刺激のあるウイスキー
  3. 濃醇辛口なウイスキー

 

人によっては、「厳密には『辛口』と呼べないのでは?」というものも含まれてしまうかもしれません。

ただ、日本酒やワイン・ビールのように淡麗辛口と濃醇辛口、そしてピリピリとした刺激のあるものあります!!

 

 

 

厳選した辛口ウイスキー

 

前記したように、ウイスキーで「辛口」というと人それぞれの感覚が出てくると思います。

 

それだけ、『辛口』って意外と難しいです。

その中でも僕がおすすめしたい辛口ウイスキーをまとめてみました!!

 

ドライ 端麗辛口なウイスキー

 

『ドライ 端麗辛口』=『甘みの少なく』すっきりとした味わいのウイスキーという感覚で選んでみました!!

 

 

シングルモルト あかし
3.4

実は、日本初の本格ウイスキー蒸留所「山崎」より早くウイスキー酒造免許を取得した江井ヶ島酒造 ウイスキー蒸留所。

その蒸留所が造るシングルモルト あかしは、シェリー樽熟成の原酒とバーボン樽熟成の原酒をブレンドした一本。
ノンチル、ノンカラーでボトリングされています。

若い原酒のニュアンス、そして甘みの少なくドライな印象からアルコール46%の飲みごたえを楽しむことができます!
ハイボールにしてもボリューム感があり、強いハイボールが飲みたい人にオススメです!!

価格帯

3000~4000円

アルコール度数

46%

容量

500ml

特徴

明石で作られている『地ウイスキー』

原産国

日本

yaffee

ちょっとダジャレに近いですが、「あかし」ハイボールと明石焼きすっごく合います!!

タレの濃厚な味にボリューム感のある「あかし」ハイボールが絶妙です!

アロマ 3.2
フレーバー 3.6
余韻 3.4

 

個人的に辛口ウイスキーというと真っ先に思いつくのがこのウイスキー!!

若くややとがった感じはありますが、ボリューム感もあり飲みごたえ十分です

 

力強いジャパニーズウイスキーを求めている方にとくにおすすめ!!

 

ちなみに『ふるさと納税』のものあります!


【ふるさと納税】ウイスキー シングルモルトあかし 【洋酒・お酒・リキュール類】

 

角瓶
3.4

1937年に誕生して以来、ジャパニーズウイスキーを牽引してきたロングヒットウイスキーです!!

繊細な味わいに厚みのあるコク、
そしてドライな味わいの中にどこか優しさを感じるウイスキー。

山崎と白州のバーボン樽原酒をバランスよく使用したそう。

ハイボールや水割りは定番ですが、
実はストレートでもうまい一本です!!

価格帯

1000~1500円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

最も売れている日本のウイスキー

原産国

日本

yaffee

居酒屋に行った時、必ず「角の水割り」を飲みます!

正直この価格帯のウイスキーの中で、最もおいしいのが「角瓶」だと思っています(笑)
何より飲み飽きず飲み疲れない味わいが好きです!!

アロマ 3.7
フレーバー 3.5
余韻 3

 

ドライさと優しさの共存した繊細なウイスキー!

さらにどの飲み方にしてもバランスが崩れにくいことも魅力かなと思います!

 

 

VAT69
3.5

「VAT」とは「樽」という意味。

創業者ウィリアム・サンダーソンが、100種類のブレンドを試作ブレンデッドウイスキーを作成。1~100の番号を付け、ウイスキー好きの知人や友人に試飲してもらった結果……。

口をそろて「69番」の樽がベスト!!といったそう。そのため「VAT69」という名前が付けられました。

ドライでしっかりとした印象のウイスキーです!!

価格帯

1000~1500円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

ドライなブレンデッドウイスキー

原産国

スコットランド

yaffee
名前からなぜかアメリカで人気なウイスキー
はじめて手に取る人が特に多いと聞いたことがあります。しっかりとした味わいで、特にハイボールにすると力強い辛口ハイボールが楽しめると思います!!

アロマ 3.5
フレーバー 3
余韻 4

 

ブレンデッドウイスキーの中では、特にドライなフレーバーが楽しめるウイスキー

特にハイボールにするとそのキレが楽しめるかなと思います!!

 

 

PR

刺激のある辛口ウイスキー

 

ウイスキーには、アルコールとは違う『ピリピリとした刺激』を感じることって結構あります。

例えば、『潮っぽさ』

 

特に潮っぽいニュアンスは「刺激のある辛口」という表現に近いかなと思いました。

中には「塩辛い」という表現が近いぐらいし塩気を感じるものもあります!!

 

他にも、ライウイスキーのスパイシーな刺激というのも「辛口」と感じる人もいるのではないでしょうか??

 

yaffee
ウイスキーには、お酒の『辛口』から外れてしまうけど、いわゆる「辛い」という感覚に近いウイスキーもあります。
樽由来だったり、原料由来だったり……。
実は、タバスコの樽で寝かせたウイスキーというのもあります。
このウイスキーほどしっかりと「Hot」なピリピリ感のある辛口ウイスキーはありません!
ジョージディッケル タバスコバレル フィニッシュ 750ml 並行

 

 

潮感からくるピリピリとした刺激的な辛味

 

タリスカー 10年
4.5

塩っぽさとスモーキーな香り。そして柑橘系の甘いアロマ。
力強いモルトウイスキーですが、ドライフルーツの甘いやさしさ。
最後にペッパーの余韻が、広がっていきます。

まるで、海のように心の広い男のようなウイスキーです!!

価格帯

3000~4000円

アルコール度数

45.8%

容量

700ml

特徴

海が育んだシングルモルト

原産国

スコットランド

yaffee

力強くしっかりとした潮感を感じる男性的なウイスキー

特に胡椒を入れたペッパーハイボールがおすすめ!
ペッパーハイボールとカルパッチョなどの魚介類は特に合います!

アロマ 4.7
フレーバー 4.4
余韻 4.4

 

トバモリー 12年
3.7

ドライフルーツとスパイス感のあるウイスキー。
軽いスモーキーさと繊細な潮感、そしてフレッシュな味わいが特徴。

バランスがよく、飲みやすい一本です!!

価格帯

5000~6000円

アルコール度数

46.3%

容量

700ml

特徴

マル島唯一の蒸留所トバモリーのノンピートタイプ

原産国

スコットランド

yaffee

ピリピリとした潮感とスパイス感。そして爽快感のあるウイスキー!!

特にハイボールにするとわかりやすいかなと思います!!

アロマ 3.8
フレーバー 3.8
余韻 3.5

 

カリラ 12年
4.3

クセの強いウイスキーで有名なアイラ島のモルトウイスキー!
そのアイラ島で最もウイスキーを造っている蒸留所が、「カリラ蒸留所」です。

アイラ島の中では、辛口で潮感と草っぽいニュアンス。
そしてスモーキーながらバランスがよく軽やかな味わいが特徴です。

価格帯

4000~5000円

アルコール度数

43%

容量

700ml

特徴

アイラ島で最もウイスキーを造っている蒸留所のオフィシャルボトル

原産国

スコットランド

yaffee

アイラモルトの中では、軽やかで塩辛い刺激が爽やかな印象を与えるウイスキー

ハイボールにするといろいろな食事と合いやすいかなと思います!!

アロマ 4.4
フレーバー 4.4
余韻 4.1

 

 

スパイシーで刺激的な辛味

 

ウッドフォードリザーブ ライ
4.4

高品質・手作り・小規模なクラフトウイスキー蒸留所『ウッドフォードリザーブ』が作るライウイスキー!!

スパイシーな刺激の中に芳醇な味わいが特徴。
ストレートでもおいしいですが、ハイボールやロックでもそのスパイシーで力強い味わいが楽しめます!

価格帯

4000~5000円

アルコール度数

45%

容量

750ml

特徴

ケンタッキーダービー公式ウイスキー

原産国

アメリカ

yaffee
ストレートやハイボール、ロックもうまいウイスキーですが、
特にカクテルにするとこのウイスキーのすごさがわかります!!芳醇スパイシーな味わいが残ったままほかの材料とうまく調和しやすいです!
アロマ 4.4
フレーバー 4.2
余韻 4.6
ウッドフォードリザーブ
¥4,730(2021/10/17 00:08:06時点 Amazon調べ-詳細)
ウッドフォードリザーブ
¥4,730(2021/10/17 00:08:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

濃醇辛口なウイスキー

 

ウイスキーの中にも、口当たりがよく深くしっかりとしたコクがありながら、辛口な「濃醇辛口」というものもあると思います。

特に、シェリー樽熟成の中でもオロロソシェリーという辛口シェリー酒の樽で熟成させたウイスキーが、「濃醇辛口」となりやすいです。

 

グレンリベット ナデューラ オロロソシェリー
3.8

『すべてのシングルモルトの原点』と呼ばれている「グレンリベット」

その中でも『ナデューラ』はゲール語で「自然」という意味。
19世紀の伝統的な製法で作られ、カスクストレングス・ノンチル・ノンカラーでボトリングされた一本。
中でも「オロロソシェリー」は辛口シェリーの樽100%で熟成させたものになります。

価格帯

7000~8000円

アルコール度数

60%

容量

700ml

特徴

ナチュラルなグレンリベット

原産国

スコットランド

yaffee

まさに「濃醇辛口」という表現のあうウイスキー!

特にシェリー樽のニュアンスが強く、リッチで官能的な味わいが特徴です!
ストレートでも度数の刺激は感じにくいですが、ロックにすると味わいの変化が楽しめるのでおすすめです!!

 

アロマ 3.7
フレーバー 3.8
余韻 3.9

 

 

アブダクテッド
3.1

「誘拐された」という意味の、スコットランド生まれスペイン育ちなモルトウイスキー!

3種類のシェリー樽を使用。
良くも悪くもシェリー樽のニュアンスが現れているウイスキーです。

価格帯

3000~4000円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

スコットランド生まれ、スペイン育ちなモルトウイスキー

原産国

スペイン

yaffee
若いウイスキーな味わいは否めないですが、
シェリー樽の濃厚な味わいがうまくバランスをとっていると思います。マッカラン好きには、オススメな一本です!

アロマ 3.5
フレーバー 3.3
余韻 3.3

 

 

最後に……

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか。

 

辛口のウイスキーって探してみると意外と難しいですが、ドライな分料理と合いやすいかなと思います。

特にハイボールにすると食中酒にオススメなものが多いです!!

ぜひお食事中に辛口ウイスキーハイボール試してみてはいかがでしょうか??

 

それでは良いウイスキーライフを!!

また次回もよろしくお願いします。

↑↑

この記事が面白かったと思った方は、人気ブログランキングへの応援をよろしくお願いいたします。

また、公式ラインページにて記事の更新情報など配信しています。

 

PR
最新情報をチェックしよう!