たかがグレーンされどグレーン モルトより見劣りされやすい「グレーンウイスキー」とは?

 

本日もお越し頂きありがとうございます。

ウイスキーを愛する料理人yaffeeです。

 

今回のテーマは「グレーンウイスキー」について!!

 

グレーンウイスキーは、モルトウイスキーとブレンドしてブレンデッドウイスキーに使われることがほとんどです。

そのため、よくこんな意見を聞きます。

 

『グレーンウイスキーは個性が乏しく、単体ではモルトウイスキーに劣るウイスキー』

 

確かに様々な視点から見ても、モルトウイスキーの方が優れているという見方はあると思います。

かといってグレーンウイスキーも決して劣っているわけではありません!!

 

作り方次第で、個性豊かなグレーンウイスキーとなります!!

そして、

「グレーンウイスキーはモルトウイスキーより劣っている」

といっている人にぜひ飲んで感動してもらいたいグレーンウイスキーはたくさんリリースされています!!

 

そこで今回、グレーンウイスキーについてまとめつつ、おすすめのグレーンウイスキーを紹介していこうと思います!!

 

はじめに……
グレーンウイスキーに対する「偏見」

 

  1. 「グレーンウイスキーは、無個性。」
  2. 「グレーンウイスキーは、モルトウイスキーに大きく劣る。」
  3. 「グレーンウイスキーは、所詮ブレンデッドウイスキーの価格と個性調整に入れているもの。」

 

このような話、ウイスキー好きの方から聞いたことないでしょうか?

 

お恥ずかしながら、グレーンウイスキーというものを全然よくわかっていなかった時、僕もこのように思っていました。

 

「シングルモルトすごい!」「モルトウイスキーこそウイスキー」とまで……。

そして「モルトウイスキーの個性がバランスよく楽しめるブレンデッドウイスキー」

こう思っていた時期もあります。

 

つまり、

モルトウイスキーが一番!!

バランスよく楽しめるけど、
所詮グレーンウイスキーの混ざって個性が薄まったブレンデッドウイスキー。

グレーンウイスキーなんて単体では飲めないもの。

一時期は、こんなことを思っていたガチガチのモルト至高主義でした。

 

ところが!!

  • 知多蒸留所の見学
  • 富士御殿場蒸留所の見学
  • 長期熟成ものもグレーンウイスキーとの出会い

を経て、自分の中でグレーンウイスキーへの価値が大きく変わりました。

 

グレーンウイスキーは、個性の乏しいウイスキーではない!!

今では最終的にこう思います。

「グレーンウイスキーの個性が乏しい」とよく言われているのは、

ブレンデッド用のグレーンウイスキーがクリーンな味わいになるように作っているだけ

です。

 

前記したようにグレーンウイスキーのほとんどがブレンデッドウイスキー用です。

「シングルグレーン(単一蒸留所のグレーンウイスキー)」をリリースしている蒸留所でも、生産のほとんどがブレンデッドウイスキー用。

 

そのため、クリーンな味わいのグレーンウイスキーがほとんどとなります

ただし、作り方を少し変えるだけで、グレーンウイスキーは大きく個性が変わります!!

ヘビーなタイプのグレーンウイスキーを造ることも
ミディアムタイプのグレーンウイスキーを造ることも可能です!!

そこでまず「グレーンウイスキーとは?」からグレーンウイスキーの作り方から解説していこうと思います!!

グレーンウイスキーとは?

穀物を原料とした蒸留酒『ウイスキー』。

その中で、大麦麦芽のみを使用したものがモルトウイスキー

それ以外の穀物も使用したものがグレーンウイスキーといいます。

 

グレーンウイスキーの主な原料は、無発芽の大麦や小麦・トウモロコシ・ライ麦などです。

そして、それらの穀物を大麦麦芽で糖化させて発酵。

基本的には連続式蒸留機で蒸留していきます。

 

そして樽で熟成させたウイスキーがグレーンウイスキー。

実は、

  • アメリカンのバーボンウイスキーテネシーウイスキー
  • アイリッシュのポットスチルウイスキー
  • カナディアンのフレーバリングウイスキーベースウイスキー

もしスコットランドでこれらのウイスキーを作ったとしたら、「グレーンウイスキー」の規格に当てはまります

yaffee
厳密には細かい違いがあり、「グレーンウイスキー」すら呼べない可能性がありますが、原料と作り方だけで考えると、グレーンウイスキーです。

 

ただこれらのウイスキーは、スコッチのグレーンウイスキーとは少し異なる製法で作られています。

つまり、

ちょっと製法が変わるだけで、バーボンのように濃い味わいのウイスキーにもなるのがグレーンウイスキー!!

 

ただグレーンウイスキーのほとんどは、ブレンデッドウイスキーのブレンド用に使われます。

一般的によく見るブレンデッドウイスキーは、モルトウイスキー:グレーンウイスキーが3:7程度。

70%程度はグレーンウイスキーとなります。

 

もしグレーンウイスキーの個性がバーボンのように強かったとしたらどうでしょうか。

 

モルトウイスキーの個性やバランスなどすべてを台無しにしてしまいますよね。

yaffee

個人的にあるブレンデッドウイスキーがこの感想です。

明らかにバーボンをブレンドしたことでバーボンの味に引っ張られています。
しかも「薄まった中途半端なバーボン」といった印象です。

それではどんなにいいモルトウイスキーを使っても意味ないですよね。
多くのグレーンウイスキーは、そういったモルトの個性を生かすために、クリアで個性の少ない味わいに仕上げています
「グレーンウイスキーは、個性が乏しい」のではなく、
「グレーンウイスキーはクリアで個性の少ない味わいに仕上げている」という方が近いかもしれませんね!!

グレーンウイスキーの作り方

 

それでは、「グレーンウイスキーの作り方」を詳しく解説していこうと思います!!

PR

グレーンウイスキーの原料

 

グレーンウイスキーは、モルト以外の穀物が主原料。

トウモロコシや小麦、未発芽の大麦が使われることが多いです。

バーボンウイスキーやアイリッシュポットスチルウイスキーの場合、この原料の個性が重要視されています。

そのため、原料の最低使用比率は法で定められていて、レシピを公開している蒸留所も多いです。

 

ただ日本やスコットランドのグレーンウイスキーでは、主にブレンデッドウイスキーに使われます

そのため、「入手できる原料の単価」が重要。

僕の知る限りでは、レシピを公開している蒸留所はありません。

 

ただ、モルト以外の穀物だけではでんぷんを糖に変える「糖化」という作業ができません

必ず穀物のでんぷんを糖に変えるための『酵素材』としてモルトが必要となってきます。

 

およそ全体量の10~20%程度です。

この時、「六条大麦」という普段モルトウイスキーでは使われることの少ない大麦の麦芽がよく使われます。

 

その理由は、「酵素力が強いから」

六条大麦はたんぱく質が多く、酵素力が強い特性があります。

でんぷんやエキス分が少ないので、モルトウイスキーに使われることは少ないですが、
グレーンウイスキーやバーボンなどの糖化には、酵素力の強い「六条大麦」が使われます。

 

yaffee
グレーンウイスキーを実際に買ってみて「原材料」の表記を見てみると……
「グレーン、モルト」と書いてあります。これは、原料にモルト(麦芽)を使っているからです。
「モルトウイスキー」という意味ではないです。
そして穀物を粉砕。
(中には粉砕しない蒸留所もあるそうです。)
そして「クッキング」という作業を行います。
関連記事

 本日もお越し頂きありがとうございます。ウイスキーを愛する料理人yaffee です。 本日のテーマは「ウイスキーから見た麦汁の話」について 大麦を大麦麦芽(モルト[…]

グレーンウイスキーの作り方 「クッキング」・「糖化」

「クッキング」とは……

大雑把に説明すると「温水を加え圧力釜で煮る」という作業。
トウモロコシや未発芽の麦はそのままの状態では、
「糖化」にかなりの時間がかかってしまったり、
「糖化」できなかったり……

圧力をかけて高温で処理することで、細胞壁などが壊れるので「溶けの良い」状態になります。
この「溶けの良い」状態にすることが、「クッキング」のポイントです!!

「クッキング」作業を終えた穀物のお粥のような状態のものを60~70℃まで冷却します。
yaffee

これは大麦麦芽の酵素の力を失ってしまわないようにするためです。

酵素は、高温では失活してしまいます。
そうなると糖化できなくなってしまうので、一度酵素が働きやすい温度まで冷まさないといけません。

そして糖化させていき、糖化液を作っていきます。
この時モルトウイスキーの麦汁のようにろ過を行わないところが多いそうです。
出来上がった糖化液は、酵母が死滅しない温度まで冷却します。
実は、知多蒸留所ではこの「クッキング」から「糖化」そして「冷却」までの流れは長いパイプ状で連続的に行われる仕組みとなっていました
かなり蒸留所の作業効率はもちろん、エネルギー効率も考えられた設備です。
知多蒸留所についてはこちら!

   知多蒸留所見学 蒸留所について知多蒸留所の最寄り駅は名古屋駅から名鉄急行で30分ほどの朝倉駅。港近くの周りには何もない駅でした。知多蒸留所はそこからタクシーで15分程度のところの工業地帯にあります。蒸留所の目の前にはタ[…]

グレーンウイスキーの作り方 「発酵」

グレーンウイスキーは、モルトウイスキーやバーボンウイスキーに比べてクリアな味わいを求められることが多いです。
そのためクリアでニュートラルな味わいとなりやすい酵母が選ばれます
ただ、バーボンなど個性が必要なウイスキーでは、様々な香味を生む酵母を使い分けています
また、スコットランドでは蒸留所同士で原酒交換が行われるのに対して、
日本では原酒交換が行われることは少ないです。
そうなると、「味わいの深み」を出すために一つの蒸留所で原酒を作り分ける必要があるそう
そのため、ジャパニーズウイスキーの蒸留所ではグレーンウイスキーでも酵母にこだわっているところは多いです。
知多蒸留所も酵母へのこだわりを持っていましたが、特に富士御殿場蒸留所のこだわりは強かったです。
yaffee
流石は、キリンが造っているウイスキーだなと思いました。
ビールの知識や経験を生かして、多彩な酵母を使い分けています!!
関連記事

蒸留所について富士御殿場蒸留所最寄り駅は新宿から2時間ほどの御殿場駅。そこから車で約15分ほどの交通の便の良いところにあります。通常見学の場合、直通のシャトルバスもあるため行きやすい蒸留所の一つかなと思います。ただこの蒸留所は[…]

多くのグレーンウイスキーはニュートラルなあじわいに重きを置いているので、
平均的にモルトウイスキーよりアルコール度数がやや高いぐらいで発酵させていきます。

グレーンウイスキーの作り方 「蒸留」

知多蒸留所 連続式蒸留機
スコットランドの「グレーンウイスキー」の大きな特徴は連続式蒸留機を使うこと!!
連続式蒸留機とは、発酵モロミを連続的に投下し蒸留液を得ることができる近代的な蒸留機のことです。
数十段もの棚がある巨大な塔状の装置で、各段で約ポットスチル1回分の蒸留ができるような構造になっています。
蒸留は回数が増えるほど、より純粋なアルコールに近くなります。
連続式蒸留機で蒸留すると棚の回数分蒸留できるので、
単純により純粋なアルコールに近い留液を得ることができるということ。
アルコール度数を高く蒸留すると、原料由来のフレーバーが少ないグレーンウイスキーを造れますし、
反対に、アルコール度数を低く蒸留すれば、原料由来のフレーバーを残すことができます
また連続式蒸留機はどこの棚からでも留液を取り出すことができる構造となっているそう。
極端な話をすると連続式蒸留機で2段2回蒸留ということの可能だそうです!!
また連続式蒸留機でも蒸留機の性能で大きく味わいが変わります
知多蒸留所にあるタイプは、アロスパス式というタイプ。
抽出塔という通常の蒸留では分離することのできない『フーゼル油』という成分を分離することができる塔がついています。
この『フーゼル油』は原料の個性や香りの成分です。
少量なら「深みを与える」香り成分となり、多いと「オフフレーバー」となるもの
この成分を取り除くと、かなりライトでクリアなアルコールを得ることができます!!
ただ、この抽出塔を使わないで蒸留することも可能です。
抽出塔を使わないで蒸留するとボディーのしっかりとした原酒を得ることができます
さらにバーボンでは、
初めて特許を取得した連続式蒸留機「コフィー式スチル」を大きく改良した連続式蒸留機を採用しているところが多いです。
この蒸留機は、もともと抽出塔がついていません。
より原料由来のフレーバーが残りやすいです。
グレーンウイスキーは、モルトウイスキーより『蒸留機』の違いがよりわかりやすく表れるかもしれないです!
関連記事

   本日もお越し頂きありがとうございます!!蒸留酒の魅力に取りつかれているウイスキー好き料理人Yaffeeです。 今回のテーマは「蒸留」!! 皆さんは蒸留についてどんなイメージを持っているでしょうか。蒸留酒にとって大事な[…]

グレーンウイスキー 「貯蔵・熟成」

最後にできた原酒を貯蔵・熟成していきます。
この時、ブレンデッド用に使う多くのグレーンウイスキーは「プレーンカスク」という樽を使用することが多いです。

プレーンカスクとは……

3~4回ほど熟成に使われ、樽材成分がほぼ出終わった状態の樽のこと
樽の個性が出にくいので、個性の少ない原酒を作るときに用いられます。

プレーンカスクを使用して造られたグレーンウイスキーは、個性が少なくクリアな味わいになりやすいです。
そのためブレンド用として重宝されます。
ただもちろん、個性の強く出る樽で寝かせれば樽由来の個性は強くなります。
そういう意味でもバーボンでは新樽が用いられますし、
知多蒸留所では「ワイン樽熟成」の知多がアクセントに使われています
このようにグレーンウイスキーの作り方を詳しく見てみると、
グレーンウイスキーは個性の乏しいウイスキーというより
グレーンウイスキーは個性が少なくクリアな味わいになるように、
作られることが多いウイスキー
といえると思います!!

 

おすすめのグレーンウイスキー

それでは、僕がおすすめしたいグレーンウイスキーを紹介していこうと思います!!

低価格帯(~3000円台) ライトに楽しみたいおすすめのグレーンウイスキー

 

シングルグレーンウイスキー 知多
3.7

知多蒸留所の原酒で作ったシングルグレーンウイスキー!!

知多蒸留所の原酒の中でも、様々なタイプの原酒をブレンドしています。
ストレートでは軽やかに楽しめる味わいの中に複雑さも感じられ、ハイボールなら風が吹き抜けるような爽やかな味わいを楽しむことができます!!

価格帯

3000~4000円

アルコール度数

43%

容量

700ml

特徴

飲みやすいデイリーグレーンウイスキー

原産国

日本

yaffee

バニラやクリーム、レモンピールとほのかに出汁のような旨味を感じる一本。

個人的に知多の最大の魅力は料理に合わせやすいことです。
モルトの個性を生かすグレーンウイスキーの特性を活かしています!!

 

シングルグレーン ロッホローモンド
3.7

グレーンウイスキーですがちょっと特殊なグレーンウイスキー

実は、原料は大麦麦芽のみ。
ただ蒸留器がポットスチルではなく、連続式蒸留機を使用。
そのため、「グレーンウイスキー」となっています。

スパイシーさと豊かな甘み。そしてモルトにザラメのような甘い香りが特徴。
ストレートでもハイボールでもオススメな一本です!

価格帯

2000~3000円

アルコール度数

46%

容量

700ml

特徴

全英オープン公式ウイスキーのシングルグレーン

原産国

スコットランド

yaffee

しっかりとしたコクがありつつ、飲みやすいスムースさもあるバランスのいいウイスキー!!

グレーンウイスキーという名だけで、受け入れがたくなってしまうのは本当にもったいないなと思う一本です。

 

グレーンウイスキー キャメロンブリッジ
3.2

スコッチのグレーンウイスキーを味わってみたい方はコレ!!

スッキリとした飲み口にしっかりめの甘み、バランスがよく飲みやすいです!
特にハイボールにすると爽やかさがより活きるかと思います!

価格帯

2000~3000円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

1824年創業の老舗グレーンウイスキー蒸留所のウイスキー

原産国

スコットランド

yaffee

スコットランドで歴史あるグレーン蒸留所!!

爽快でフレッシュな飲み口の奥に、コクがあります!
いろいろなおつまみに合わせやすい日々の晩酌におすすめな一本です!

 

中価格帯(4000円~6000円台) まったり楽しみたいおすすめのグレーンウイスキー

 

シングルグレーン 富士
4.7

キリンの富士御殿場蒸留所で造られた「シングルグレーンウイスキー」!!

この蒸留所はグレーンウイスキーへのこだわりが特に強いです。
スコッチタイプ、バーボンタイプ、カナディアンタイプの蒸留機を使い分け多彩な原酒を作っています。

カラメルのような濃厚なフレーバーに焦がした木。そして優しい舌触りが特徴。
まったりと楽しみたいシングルグレーンウイスキーです。

価格帯

5000~6000円

アルコール度数

46%

容量

700ml

特徴

キリンのシングルグレーンウイスキー

原産国

日本

yaffee

複雑で濃厚なグレーンウイスキー!!

キリンがリリースしているウイスキーの中で、この一本だけが『whiskey』と『e』の入る綴りとなっています。
また、瓶の底には富士山が!!

隠し要素の多いウイスキーです!!

 

ニッカ カフェグレーン
4.8

カラメル香と濃厚なフレーバーが特徴の至高のグレーンウイスキー!!

ニッカの持っている連続式蒸留機「カフェ式スチル(コフィー式スチル)」で作られたウイスキーで、特にしっかりとしたコクがあります!!

バランスも良く、まったりと楽しめる秀逸なグレーンウイスキーです!

価格帯

6000~7000円(現在の最安値程度)

アルコール度数

45%

容量

700ml

特徴

カフェ式スチルで作られたグレーンウイスキー

原産国

日本

yaffee

残念ながら終売となってしまいましたが、本当に秀逸なグレーンウイスキーです。

まるでプリンの底のような甘く濃厚なカラメル香が特徴
個人的には、市場に戻ってきてほしいジャパニーズウイスキーのトップです。

 

ティーリング シングルグレーン
4.49

不死鳥のようにダブリンに誕生したティーリング蒸留所!!

アイリッシュウイスキー復活の象徴ともいえるウイスキーで、バランスが特にいいです!!
カラメル香の深いフレーバーと優しい飲み口。
余韻も長め。
まったりウイスキーを楽しみたい方に特にオススメなグレーンウイスキーです。

価格帯

4000~5000円

アルコール度数

46%

容量

700ml

特徴

ダブリンにいる不死鳥

原産国

アイルランド

yaffee

カラメル香が特徴でスパイシーさとスムース感が楽しめるアイリッシュグレーンウイスキー!!

休日前のまったり楽しみたい晩酌にピッタリな一本です!

 

グレーンウイスキーの良さが活きているブレンデッドウイスキー!!

 

富士山麓 シグニチャーブレンド
4.1

「コク」と「甘み」のあるジャパニーズウイスキーなら断トツにコレ!!

バーボンのようなコクにスコッチの華やかな香り、そしてカナディアンやジャパニーズの繊細なバランスでのまとまりが特徴。

グレーンウイスキー主体で味わいを構成し、モルトウイスキーでフレーバーを広げていく珍しい作り方をしているブレンデッドウイスキー!
唯一無二のジャパニーズウイスキーです!!

価格帯

4000~5000円

アルコール度数

50%

容量

700ml

特徴

熟成のピークを迎えたウイスキー

原産国

日本

yaffee
濃厚かつバランスのいいジャパニーズウイスキー。
ヘビーなグレーンウイスキーを使用しているため、カラメル香が特に強いことが特徴です。ハイボールや水割りなら食事に合わせやすく、ロックやストレートならウイスキー単体で楽しめる一本です。

最後に……

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか。

「グレーンウイスキー」というとウイスキーの中で最も偏見があると思います。

実際自分も一時期グレーンウイスキーを下に見ていました。

 

今回長期熟成物のグレーンウイスキーの紹介は省いてしまいましたが、
そういった長期熟成物のグレーンウイスキーはすっごくおいしいです!!

芳醇さとバランスのいい味わいが特に……

yaffee
本当は、長期熟成物の紹介したかったですが、限定リリースしかなく一期一会のウイスキーばかりです。
こういったウイスキーはぜひBARで注文してみてください!!「感動」に出会えると思います!

 

個人的にはモルトウイスキーが好きですが、今後のグレーンウイスキーに可能性を感じています。

美味しいグレーンウイスキーが広まっていき、様々なところでグレーンウイスキーがリリースされるようになってほしいと思います。

そうしたらよりウイスキーの楽しみ方が広まっていくのではないでしょうか?

 

そんなことを思いつつ今日もウイスキーを嗜んでいこうと思います。

 

それでは良いウイスキーライフを!!

また次回もよろしくお願いします!!

↑↑

この記事が面白かったと思った方は、人気ブログランキングへの応援をよろしくお願いいたします。

また、公式ラインページにて記事の更新情報など配信しています。

 

 

最新情報をチェックしよう!