ファーストライセンスのウイスキーを再現「グレンリベット ライセンスドラム 12年」のレビュー

本日もお越し頂きありがとうございます。

ウイスキーを愛する料理人Yaffeeです。

@TW0GPYU3yMS7N3o

 

今回は『グレンリベット ライセンスドラム 12年』のテイスティングレビューです。

 

『グレンリベット ライセンスドラム 12年』
について

「グレンリベット ライセンスドラム 12年」は、去年からリリースされているグレンリベット12年の限定品シリーズ第2弾です。

 

第1弾の「グレンリベット イシリットスティル 12年」は残念ながら入手できなかったため、ご紹介することができませんでしたが、第2弾は入手することができました!!

 

「はじまりのシングルモルト」としてスコットランドのウイスキーの聖地”スペイサイド”をけん引してきたグレンリベット。

グレンリベット12年の限定品シリーズは、グレンリベットの知られざる系譜を紐解いていくシリーズとなっています。

合わせて読みたい

本日もお越し頂きありがとうございます。ちょくちょく原点回帰するウイスキーを愛する料理人Yaffeeです。 (@TW0GPYU3yMS7N3o)   今回のお話は「グレンリベット蒸留所」について […]

 

前回の「グレンリベット イシリットスティル 12年」はかつて密造酒としてその名を馳せたグレンリベットの味わいを再現した一本だそう。

 

そして今回の「グレンリベット ライセンスドラム 12年」は、1824年にジョージ・スミスが最初のウイスキー製造免許(ライセンス)を取得したことに敬意を示して作られたそうです。

出典:ペルノリカール ジャパン

 

2種類のファーストフィルの樽(ファーストフィルバーボン樽とファーストフィルヨーロピアンオーク樽)を使用。

ボトルの形状は当時のグレンリベットと同じ形にし、ボトリング時のアルコール度数は48%と当時のアルコール度数にそろえられています。

 

今回はこの「グレンリベット ライセンスドラム 12年」をテイスティングレビューしていきたいと思います。

『グレンリベット ライセンスドラム 12年』テイスティングレビュー

アルコール度数48%
熟成年数12年
ボトル容量700
価格帯5000~8000円
評価86/100

ほのかに赤みがかった黄金色

PR

アロマ

溶剤のようなエステリーさと青りんご。

鼻孔をくすぐる黒糖のような甘いニュアンスの香りも感じつつ、樽の木香やバニラ香もしっかりと感じる。

奥の方にレーズンやデーツのようなドライフルーツの印象も受ける。

コメント

ストレート

フルーテですが、奥深さのある一本。

 

通常のグレンリベット12年に比べて、やや厚みのある酒質です。

スペイサイドモルトの印象よりハイランドモルトの特徴に近い気がします。

 

少し青リンゴ系のフレーバーがありますが、樽由来の木の香りと渋みが強いです

甘みが上品で、その甘みが余韻まで長く残ります。

通常のグレンリベット12年に比べてフルーティさと飲みやすさは劣りますが、奥深さはこっちのグレンリベットの方があります。

 

トワイスアップ

 

加水するとかなりフルーティになる。

バランスが良く華やかでフルーティだが、同時に奥深さも少なくなっているような気がする

 

ロック

 

樽の香りが少しとがって感じます。

フルーティさはどこへやら……。

 

クローブやペッパー、シナモンのスパイス香。

飲んでみると、思っていたより優しいです。

カスタードっぽさが少しありますが、全体的には大人なテイスト。

 

氷が解けてくると徐々にフルーティさが出てきますが、ほかの飲み方に比べると圧倒的にスパイシー。

yaffee
こんなに変わるのか……。

このウイスキーの飲み方の中では一番面白いです。

ハイボール

香りは華やかで少しモルティ。

香ばしい樽香とシトラス、バニラ、グローブ、シナモンといった印象を感じます。

 

バランスはよく飲みやすいのですが、やはりリベットのすっきりとしたさわやかさあまりないです。

奥深くておいしいですが、ハイボールなら通常のリベット12年の方が親しみやすいかも……。

 

水割り

 

香りは穏やかな印象となってしまいます。

優しくフルーティさが香るぐらいです。

 

バニラとシナモン、クローブのニュアンスはありますが、樽の香り一番目立っています

すっきりしていて飲みやすく、程よいシトラス感と青りんご感

yaffee

ほかの飲み方と比べて一番リベットっぽいかも!僕は好きです。

 

お湯割り

甘く、華やかな香り。

バニラとはちみつ、オレンジにほのかに紅茶の様なタンニンの印象を感じます。

 

バランスが良く、飲みやすいです。

優しく温まる感じで、余韻にいたるまでアルコール感や強い苦味などのマイナス面が少ないです。

 

通常のリベット12年にはない奥深さがうまく広がっていて、かなり好みです。

yaffee
このボトルの良さがしっかりと活きているかな

レビューまとめ

 

バランスが良くフルーティなタイプのウイスキーだが、樽のニュアンスが強く味わいに奥深さがあると思います。

アルコール度数が高めなので、ストレートでは飲みなれていない方にはつらいかも。。

ただ加水するとどうしてもこの力強さが少し薄まってしまうので、トワイスアップだと少し個性が乏しくなってしまうかもしれません。

 

ただ香りの良さはあるので、ハイボール水割りはおすすめかも。

樽のニュアンスがかなり強いので、通常のグレンリベットに慣れているとグレンリベットっぽくないと感じてしまうかもしれません。

スペイサイドモルトというより、ハイランドモルトの力強さを感じました。

個人的にはたまに飲むなら好きだけど、通常のグレンリベット12年ほど気軽に楽しめる味わいではないかなと思います。

 

グレンリベット ライセンスドラム 12年はゆっくりじっくり味わうように楽しむのがおすすめです。

飲み方おすすめ度
ストレート4.5
トワイスアップ3
ロック2.5
ハイボール4
水割り4.5
お湯割り4.5

最後に……

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか??

 

グレンリベット12年の限定品シリーズは、前作のイシリットスティルがかなり好評でした。

僕自身も一杯だけ飲みましたが、普通のグレンリベットより深みがあり面白い味わいでした。

 

なので今回入手出来てよかったなと思っています。

個人的に、伝統的なスコットランド料理とか味わいのしっかりとした料理やデザートと合わせたいかなと思います。

 

ちょっとずつ試していこうと思いますので、その時はよろしくお願いします。

 

それでは良いウイスキーライフを!!

また次回もよろしくお願いします!!

↑↑

公式ラインページにて当ブログの更新情報など不定期配信しています。

また、「子連れ料理人ブログ」では子育て・料理人としての働き方・副業(主にブログ)についての内容を配信中。

ご興味のある方は、一度お越しください!!

 

PR
最新情報をチェックしよう!