Yaffee's Whisky Blog

ウイスキー好きの料理人が書くウイスキー中心のブログ。

MENU

【ウイスキー初級向き】実は、多くの人が知っているようで知らない 「ハイボール(Highball)」の世界!?


f:id:yaffee28ppm:20200201114552j:plain

 

ハイボール」と聞いてに何を想像しますか?

 

という質問に多くの人がウイスキーを炭酸で割ったもの」と答えると思います。

この答えは正しいですが、「ハイボール」は実はそれだけではありません。

 

それでは「ハイボール」ってどういう定義なの?と気になると思います。

そこで今回は「ハイボール」の定義から起源、そしてソーダ水と炭酸水の違いなどに触れていこうと思います。

 

ハイボール」を知って、ウイスキーをもっと楽しみましょう!!!

 

 

ハイボール」の定義

 

ハイボール」はウイスキーソーダ水や炭酸水で割ったもの。

このイメージが強いのはサントリーさんの圧倒的なセールス力の賜物

 

実はもっと広い意味で使われることが多いそうです。

 

ハイボールとは、スピリッツやリキュールをソーダトニックウォーターなどの炭酸飲料やフレッシュジュースなどアルコールの入っていない飲料と割ったカクテルのこと 

 

つまり定義だけで見たらアルコール飲料ノンアルコール飲料を混ぜたカクテルであれば、「ハイボール」と名乗ることができます。

 

つまりハイボールウイスキーだけではなくラムやテキーラ、梅酒、カシスリキュールなんかもノンアルコール飲料と割れば、「ハイボール」です。

ただ炭酸の入っていないものを「ハイボール」って呼ぶこのに「?」と思う人は多いと思います。

この定義は海外の基準が元となっているもので、日本でいうと単に「ハイボール」はウイスキーソーダ水または炭酸水割り

ウイスキー以外のベースならラムハイボール焼酎ハイボールなどのように「お酒の名前+ハイボール

炭酸水以外の割材ならジンジャーハイボール、コークハイボールなどのように割材名を書いてあることが一般的ですね。

 

 

ハイボールの起源

 

 

ハイボールの起源は3つの説があります。一つは前回デュワーズの記事で記載しました「デュワーズ説」、そしてゴルフとウイスキーの関係の記事で書いた「ゴルフ場説」。

 

そして、今回は最も有力な鉄道の信号機説をご紹介します。

【夢と煌めきのある「デュワーズ説」が気になる方はこちら!!】

www.yaffee.work

 

【偶然が重なりすぎたから!?面白いゴルフ場説はこちら!!】

www.yaffee.work

鉄道の信号機説

 

カクテルブックやバーテンダーマニュアルには昔からこの鉄道の信号機説が紹介されています。

イギリスから広まっていった蒸気機関車ですが、広大な敷地を持つアメリカで発展します。

その時イギリスとは鉄道工事のやり方、システムそのものが違った形で発展していきました。その1つが信号機です

 

イギリスの信号機は腕木式という木の板を使った信号機。木の板(バー)を上げ下げして合図そしていたそうです。

それに対してアメリカの信号機はボールを使った信号機 でした。

ボールが掲げられる と通行可・出発進行、下げられると停止 の合図だったそうです。

 

今でもアメリカ英語で列車の発車合図という意味で「ハイボールが使われます。

そして「ハイボール」がウイスキーソーダ割をさすようになった起源ですが……

 

実は鉄道説の中でも2つの説があります。

一つは、「乗客の乾杯の掛け声」から

列車の通過待ちの時にウイスキーソーダ割がサービスで配られ、乗客たちはそれを飲んでいました。

通行可のボールが高く掲げられると乗客たちは ハイボール!!」と言ってグラスを高く掲げて喜んだのだとか。

ことからウイスキーソーダ割のことを「ハイボール」というようになった という説です。

ちなみにこの出来事から「乾杯」の意味として「ハイボールが使われるようになったそうです。

 

もう一つは「駅員たち」から 

駅員たちはよく駅舎内のバーでウイスキーのストレートとチェイサーのソーダを飲みながら、信号機のボールが高く掲げられるの(ハイボールを待っていました。

当時、今のような通信機器はありません。鉄道の待ち時間はすっごく長かったんでしょうね。

ゆっくりウイスキーを楽しんでいたら、急にボールが掲げられます。

急いで業務に戻るため、ウイスキーをチェイサーのソーダに入れて一気に飲み干し、そしてハイボール!!!(出発進行)」といっていたそうです

 

ここからウイスキーソーダ割をハイボールと呼ぶようになったと言われています。

 

 

 デュワーズ説、ゴルフ場説と比べますと……。

 

トミー説は少し年代が後過ぎますので、すでにハイボールが広がりつつあったと思います。

またゴルフ場説はスコットランドで、「ウイスキーハイボール飲む」文化自体、そんなに根付いていないです。しかも基本的にはウイスキーソーダ割は「Whisky and soda」です。

 

対してハイボール」という言葉が、アメリカ英語には「通行可、出発進行」や「乾杯」など様々な意味があることから鉄道説から「ハイボール」呼ばれるようになったほうがしっくりくると思います。

 

どの話も面白いですよね!!

どれを語るか自分が好きな説でいいと思います。

 

ソーダ水」と「炭酸水」の違い!!

ハイボールに不可欠なソーダ水と炭酸水。

ソーダ水」=「炭酸水」だと思っていませんか?

実は明確な違いがあります。

 

炭酸水は炭酸の入っている水という意味で、天然水と人工的に二酸化炭素を溶け込ませて作る方法の2パターンがあります。

 

そしてソーダは水、クエン酸、炭酸水素ナトリウム(重曹に近いもの、ベーキングパウダーの原料)を混ぜ、化学変化させてつくられます

そのため、ソーダ水のほうが圧倒的にナトリウム量が多いので、味わいも全然違ったものになります。

一般的にソーダ水のほうがお酒には合いやすいといわれていますが、最終的には好みの問題。

いずれソーダ水と炭酸水をいろいろ並べて、同じウイスキーハイボールの飲み比べを行ってみたいですね。

 

ぜひご覧になっている読者様も「おうち時間」で試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

最後まで今回の記事を読んでいただきありがとうございます。

ハイボールの話いかがだったでしょうか

この記事が面白かった・よかったと思ったらランキングまたは、はてなアカウントをお持ちの方は「はてなブックマーク」へのご協力をお願いいたします。

↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 


プライバシーポリシー