ライトに楽しめるウイスキー!!軽めの味わいが心地いいライトボディでおすすめの銘柄 

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

本日もお越し頂きありがとうございます!!

ウイスキーを愛する料理人Yaffeeです。 (@TW0GPYU3yMS7N3o

今回のお話は

「ライトに楽しめるおすすめウイスキー」

について!!

ウイスキーというと、渋い男の人が飲んでいるイメージが強いと思います。

ライトに楽しむとはどこか対極にあるようなお酒のイメージもあるのではないでしょうか?

ただウイスキーの中には、ライトに楽しめる銘柄はたくさんあります。

そして、ライトなボディだけではなくライトな飲みのシーンでも楽しめる銘柄もあります。

今回はそんなライトなウイスキーについてウイスキーを愛する料理人が厳選。

おすすめの銘柄をご紹介していこうと思います!

目次

ライトなウイスキーとは?

ライトなお酒というとどういったお酒を想像するでしょうか??

僕は、ウイスキー以外で考えたら、

ビール・白ワイン・ロングカクテル(カシスオレンジ、ピーチウーロン、レモンサワーなど)

といった感じでしょうか。

そのすべてが、軽くそしてさらっとした飲み口なことと気軽に楽しめるということがポイントだと思います。

そしてそんなウイスキーの実は多くあります!

軽くさらっとした味わいを持ちつつ、気軽に楽しめるウイスキーを紹介する前にまず「ライトボディ」についてご紹介していこうと思います。

ウイスキーの「ライトボディ」とは??

お酒には、厚みや重さを表現する言葉として「ボディ」という言葉を使います。

ライトボディとは、そのまま「厚みが少なく軽い」という意味。

飲み口が軽くてさらっと飲めるものがライトボディとなり、ずっしりと重たい飲み口でコクのある味わいが楽しめるものがフルボディといわれています。

通常、ライトボディ、ミディアムボディフルボディと表現されることが多いです。

  • ライトボディは食前酒寄りの軽い味わい
  • ミディアムボディは食前酒から食中酒、食後酒にも最適なオールマイティな味わい
  • フルボディは食後酒に向いた重くコクのある味わい

が特徴となっています。

ライトボディのウイスキーの特徴

ライトなタイプのウイスキーは、主に……

  1. バーボン樽熟成主体のスペイサイドモルト
  2. 北ハイランドモルト
  3. ローランドモルト
  4. リーズナブルな価格帯のブレンデッドウイスキー
  5. アイリッシュウイスキー
  6. カナディアンウイスキー

に多いです。

まず、スコッチシングルモルトでは北ハイランドとローランドモルト、そしてバーボン樽熟成がメインのスペイサイドモルトがライトなボディになりやすいです。

北ハイランドは、昔からシングルモルトの中ではライト寄りのウイスキーを作ってきました。

さらにローランドモルトはイングランドに近いこともあり、ライトなモルトウイスキーが好まれてきた傾向があるみたいです。

そしてスペイサイドモルトも華やかで飲みやすい銘柄が多いですが、特にバーボン樽主体で熟成されたスペイサイドモルトは華やかかつライトで飲みやすいです。

リーズナブルな価格帯のブレンデッドウイスキーは、「クリアで飲みやすいライトなスコッチウイスキー」を目指してブレンドされたものが多い傾向があります。

比較的、万人受けしやすく飲み方の選ばないタイプが多いです。

また、アイリッシュウイスキーは3回蒸留を行っている蒸留所が多く、スコッチよりライトな銘柄が多いです。

同じくカナディアンウイスキーもクリアなタイプが多く飲みやすい傾向があります。

おすすめのライトボディなウイスキー!!

今回は、「ライト」さが存分に楽しめるウイスキーということで厳選してみました!!

価格帯的にもライトに楽しめる3000円以下のおすすめウイスキー

自由に楽しめるウイスキー
キリン 陸
総合評価
( 4 )
メリット
  • クリアだが、高アルコール度数による厚みのある
  • 軽快
デメリット
  • ライトボディの高アルコール度数のため、ストレートでは飲みにくい
ライトで飲みやすいブレンデッド
カティサーク
総合評価
( 2.5 )
メリット
  • リーズナブルでライトな味わい
デメリット
  • ストレートだとやや飲みにくい
人気のブレンデッドウイスキー
ジャンルブレンデッドウイスキー
生産国スコットランド
アルコール度数40%
1stフィルのバーボン樽でダブルエイジ
熟成年数12年

12年以上熟成させたアバフェルディを中心にオルトモア、ロイヤルブラックラ、クライゲラヒなど40種類以上のモルト原酒をブレンド。

グレーン原酒もブレンドしたあと、再び樽で熟成させるダブルエイジ製法を採用しています。

フルーティで甘く華やかな香りとスムースな口当たりが特徴

デュワーズの中でも、12年が特にダブルエイジ製法によるなめらかさやコクを感じられます。

ストレートでも飲みやすく、炭酸で割れば少し贅沢なハイボールがお楽しみいただけるでしょう。

Dewar's
¥2,199 (2024/02/20 20:51:49時点 Amazon調べ-詳細)
フルーティ&スムース
アイリッシュのおすすめ銘柄
ジャンルブレンデッドウイスキー
生産国アイルランド
アルコール度数40%
バーボン樽
シェリー樽
マルサラ樽
熟成年数

ロイヤルオーク蒸留所で作られているブレンデッドウイスキー「バスカー」。

アイリッシュのウイスキー原酒3種類(モルト、グレーン、ポットスチル)のうち、モルト原酒とポットスチル原酒を一般的なアイリッシュブレンデッドウイスキーより多く使用。

贅沢にバーボン樽、シェリー樽、マルサラ(老舗トップブランドの「フローリオ」)樽で熟成させた原酒をブレンドしています。

トロピカルフルーツのような華やかな香りにやわらかな甘み、トロっとした口当たりが特徴

リーズナブルな価格のスタンダードアイリッシュブレンデッドですが、ワンランク上の味わいがお楽しみいただけます。

トロピカル&スムース
おすすめのフルーティなシングルモルト
ジャンルシングルモルト
生産国スコットランド・スペイサイド
アルコール度数40%
バーボン樽とシェリー樽
熟成年数ノンエイジ

グレングラント蒸留所180周年を記念してリリースされたノンエイジタイプのシングルモルトウイスキー。

アルボラリスは、ラテン語で「木漏れ日」の意味で、その名の通り明るい色合いと華やかでライトなテイストが特徴です。

蒸留所のヴィクトリアガーデンに差し込む木漏れ日からインスピレーションを得てつくられました。

バーボン樽とシェリー樽で熟成された原酒を使用。

それぞれの特性を生かしてブレンディングされています。

THE GLEN GRANT (ザ グレングラント)
¥2,715 (2024/02/21 11:38:21時点 Amazon調べ-詳細)
フルーティ&フローラル
人気カナディアンウイスキー
ジャンルブレンデッドウイスキー
生産国カナダ
アルコール度数40%
熟成年数

『C.C』の愛称で親しまれており、日本で一番飲まれているカナディアンウイスキー。

カナディアンクラブは、個性の少ない「ベースウイスキー」コクのある「フレーバリングウイスキー」蒸留直後にブレンドして熟成させる独特の製法(プレブレンディング)がポイント。

原酒同士がなじみやすく、よりまろやかな味わいになりやすいといわれています。

スムースでライトな味わいにやや穀物の甘みが特徴

ハイボールにするとすっきりとした味わいに優しい甘みをお楽しみいただけます。

ヴェリタス
¥1,280 (2024/02/21 15:06:55時点 Amazon調べ-詳細)
スムース&モルティ

ライトだけどじっくりも楽しめる3000円以上のおすすめウイスキー

シングルモルトの原点
ジャンルシングルモルト
生産国スコットランド・スペイサイド
アルコール度数40%
アメリカンオーク
熟成年数12年

「シングルモルトの原点」といわれているグレンリベットのフラグシップボトル。

フルーティで蜂蜜やバニラのような甘みを伴う芳醇でソフトな風味が特徴です。

フルーティで華やかなお王道もスペイサイドモルトスタイルで、飲みやすくクセのない味わいから世界中で愛飲されているボトルとなっています。

THE GLENLIVET (ザ・グレンリベット)
¥4,280 (2024/02/21 11:18:23時点 Amazon調べ-詳細)
フルーティ&スムース
ノンピートのアイラモルト
ジャンルシングルモルト
生産国スコットランド・アイラ
アルコール度数50%
バーボン樽、ワイン樽など
熟成年数

アイラ島の湧き水やスコットランド産大麦100%使用などテロワールにこだわるブルックラディ蒸留所のフラグシップボトル。

アイラ島ながらノンピートで作られており、フルーティでフローラルなエレガントさが特徴です。

アルコール度数50%とハイプルーフですが、口当たりがなめらかで奥深い余韻がお楽しみいただけます。

によりストレートやロック、ハイボールなど幅広く活躍できる一本です。

ブルックラディ
¥7,500 (2024/02/21 14:41:36時点 Amazon調べ-詳細)
フルーティ&エレガント
第一級の食前酒
ジャンルシングルモルト
生産国スコットランド・スペイサイド
アルコール度数46%
熟成年数12年

デュワーズのキーモルトを始め、ジョニーウォーカーブラックラベルやVAT69のモルト原酒を作っているオルトモア蒸留所

オルトモア12年はフラグシップアイテムであり、知る人ぞ知る銘酒といわれています。

シトラスやフレッシュのアプリコット、青梅のような爽やかなフルーティさにほのかな麦芽の香りが特徴

ノンピートで作られていますが、ピート層を通った仕込み水によりほのかにスモーキーさを感じることもあります。

AULTMORE(オルトモア)
¥7,755 (2024/02/20 21:58:40時点 Amazon調べ-詳細)
フルーティ&モルティ
長期熟成だけどライトなテイスト
ジャンルシングルモルト
生産国スコットランド・スペイサイド
アルコール度数43%
バーボン樽
熟成年数18年

グレングラント蒸留所の定番リリースの中では、最長の一本です。

ノンピートの麦芽で作られバーボン樽で18年以上熟成させてた原酒が使用されています。

グレングラントらしいシンプルで親しみやすく、リンゴのようなフルーティさとハチミツやバニラのような華やかなフレーバーが特徴

エレガントで気品がありながら、飲みやすい味わいが楽しめます。

THE GLEN GRANT (ザ グレングラント)
¥16,077 (2024/02/21 07:26:03時点 Amazon調べ-詳細)
リッチ&フルーティ

最後に……

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか。

ライトに楽しめるお酒っていいですよね!

日常的に飲むならこういったお酒の方が楽しめると思います。

皆様がお好きなライト系ウイスキーはありましたでしょうか?

ぜひライトなウイスキーも楽しんでいただけたらと思います!!

それでは『良いウイスキーライフ』を!!!

また次回もよろしくお願いいたします。

 

↑↑

この記事が面白かったと思った方は、人気ブログランキングへの応援をよろしくお願いいたします。

また、公式ラインページにて記事の更新情報など配信しています。

※ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。お酒は楽しく適量で。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

今週のおすすめ銘柄

この記事を書いた人

香りづけに使用したことからウイスキーにどっぷり嵌ってしまった料理人です。
調理師の仕事をしつつ、ウイスキーと料理の魅力を紹介するためにブログ・メディアを作成。
様々な視点からウイスキーを解説しています。

目次